Maaya Sakamoto – Million Clouds

つま先からちょっとずつ生まれ変わってく気分   名前はまだない
始まった物語   最初の1ページには   風の中に立つ人が
ああ   夏草の匂い   湿った空気と   打ち寄せる波の音
ああ   この海が何とつながってるのか   考えているの
美しい世界は遠くにあると思った   船を待つ人魚のように
生まれて初めて   ここがそうだと気がついた   今
想像と違ったこと   間違えてわかったこと   戸惑ってばかり
ひらめきが羽ばたいて   耳元をくすぐった   今すぐ試してみたい
ああ   説明できない感情が胸をあたためていくわ
ああ   ささやかな願い   私も誰かの光になれたら
今しかできないことをすぐにやらなくちゃ
幾千の雲をかき分けて
駆け上がる気持ち   こんな私がいたなんて知らなかった
影を落として飛ぶ鳥   歌うような陽射し   水面へとのぼる息吹
画面の中じゃない   この目で見た世界を信じる
今しかできないことをすぐにやらなくちゃ
幾千の雲をかき分けて
駆け上がる気持ち   こんな私がいたなんて
つま先からちょっとずつ生まれ変わってく気分   名前はまだない
始まった物語   最初の1ページには   風の中に立つ私がいる